えっ本当!?女性が薄毛になる原因トップ3 女性の髪の毛が薄く・減る理由

女性が薄毛になる原因トップ3 女性の髪の毛が薄く・減る理由

 

女性が薄毛になる原因は様々ですが、薄毛になる原因TOP3は、産後のホルモンバランスの崩れ、パーマやカラーのしすぎによる髪のダメージ、ストレスになります。今回は女性の髪の毛が薄くなってしまう理由について説明します。
マイナチュレ5

【産後のホルモンバランスの乱れは薄毛の原因になる】

女性が薄毛になる原因の中でも、産後抜け毛がひどくなるというケースは非常に多いです。産後は妊娠中と比べて急激にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモン分泌量が減少して、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れるとヘアサイクルが通常時と比べると変化します。妊娠中はエストロゲン分泌が活発で髪は成長を続けているのですが、出産するとエストロゲン分泌が急激に減少。抜け毛がひどくなるのです。

 

【パーマやカラーのし過ぎによる髪のダメージ】

パーマやカラーをしすぎると髪の表面にあるキューティクルは破壊されてしまいます。キューティクルが破壊されると髪のハリ、弾力が失われて髪が細くなってしまいます。キューティクルが壊れてしまうと、外部からのダメージを受けやすくなり、髪の成分であるタンパク質が失われてしまうのです。すると抜け毛がひどくなり、薄毛になってしまうでしょう。気をつけて!!女性は男性用の育毛剤を使わないで!男女で薄毛の原因が違います

 

【ストレス】

女性の身体はストレスを感じると、身体がストレスに対抗するために準備を始めてしまいます。この状態が継続されると交感神経に異常が起きてしまい、、血行不良の状態を引き起こします。血行不良の状態になると、頭皮環境が悪化したり、毛根へ栄養が行きわたりにくくなったりするため、髪の成長に必要な栄養分がきちんと行き届かなくなってしまうのです。その結果ストレスによって髪が生えてこなくなったり、毛が抜けたりしてしまうでしょう。

 

女性が薄毛、抜け毛を改善するためにはストレスをため込まず、無理なパーマやカラーもなるべくしない方がよいでしょう。またホルモンバランスを整えるために、規則正しい生活を送るようにすることや睡眠時間をしっかりと取れば薄毛や抜け毛を改善することができるのです。